早漏の定義、基準や早漏の原因、種類、また予防や対策について調べています。そして早漏とEDの関連性についてもまとめています。

リドカインとスーパーカマグラで早漏を克服!

早漏治療薬

スーパーカマグラ

リドカイン

ダポキセチン

早漏について

早漏を改善・克服する方法

体験談

早漏について

早漏の定義

早漏について

性行為中に膣に挿入した時に1~3分以内に射精してしまう、自分の射精したいと思うタイミングで射精する事ができない。また、性交のパートナーである女性を満足させる事ができない為に、ストレスを感じる。この3つの項目、どれか1つでも該当する所があれば早漏と診断されます。また早漏症を英語でPE(Premature ejaculation)と言います。性的な障害の約3割はこの早漏であるとも言われています。性行為に関して有名なキンゼー報告書によれば、性行為時に2分以内の射精を経験した女性は70%を超えて80%に近いとされています。早漏防止は大きな問題となっています。女性の性生活の満足度が低下するので医師や薬剤による治療が必要になる場合もあります。

2008年、世界的な早漏の基準が以下のように定められました。

・膣に挿入する前、した後に1分以内に射精してしまう。
・膣に挿入後、自分の意思で射精を遅らせる事ができない。
・十分な挿入により相手を満足させる事ができないため、性行為をストレスや苦痛に感じる。

早漏について

日本人は特に早漏症で悩む人が多く、500万人に及ぶといわれています。そしてこれも調査によるものですが、20代の日本人女性の半分以上の人が早漏を嫌がっているという事も調査で分かりました。そして、半数以上の女性が男性に早漏を克服して欲しいと思っているという事も分かりました。そして平均的な挿入時間はどれぐらいがいいかというアンケートに対して、平均挿入時間は16分程度を望んでいる事も調査で分かりました。調査の結果、現状のセックスに満足していない女性が非常に多いことが分かりました。

早漏について

そして、別れの原因が早漏であったという答えも少なからずありました。このように早漏は男女関係さえも終焉させてしまう程、深刻な問題となっています。早漏は男としては「恥ずかしい」「情け無い」等とネガティブになりがちです。しかし、早漏は投薬治療、早漏トレーニングをする事で治療、改善はする事ができます。大切なパートナーのためにも早漏は治療していきましょう。男女関係を深めていくにはセックスはとても大切な事です。

早漏の原因

基本的な早漏の原因の多くは心因性から発症しているものが多く、ストレス、過去の性行為に対してのトラウマ等、また身体性のものは脳の異常な興奮、陰茎が極度に敏感になっている等があげられます。精神的な問題はカウンセリングは有効的ですが、脳の興奮を抑えるには早漏治療薬が一番、有効的です。また性行為に慣れてない場合にも早漏の症状が著しく出ます。それは男性側が自分の射精感を制御できないから(脳の異常な興奮)だと言われます。

早漏の種類

早漏の種類

本人が射精をするつもりがないのに、膣への挿入直後、または挿入直前に射精してしまう事です。それからPEには2種類あり、初めての性行為からずっと早漏症だった(先天性PE)、ある時期から早漏症を患った後天性PEがあります。後天性PEの場合はED治療薬で早漏を完治した事例が多くあります。またその逆に早漏のためにEDを併発したという例もあるので、放置しないですぐに治療するようにしましょう。

早漏の予防・対策

早漏を事前に対策をうつ事ができます。人により早漏の対策は色々とあります。

射精のコントロール

射精のコントロール

早漏の対策として、まずは射精のメカニズムを知りましょう。どういう経緯で射精をするかが分かれば、それなりに対策を取る事ができます。射精をするという事は性的興奮がある一定のレベルまで高まり、射精中枢から信号が出され、射精します。それでは、この射精中枢をコントロールできれば早漏は改善されますが、自分の意思では射精をコントロールをする事はできません。なぜなら射精は「反射」により起こるからです。いくら射精したくないと思っていても性的刺激のレベルが一定の条件を超えてしまえば、射精が起こってしまいます。

マスターベーション(自慰)の方法を変える

マスターベーションを行う時に強い刺激で短時間で射精をしてしまうと、それが癖になってしまい、射精が早くなってしまう事があります。なので自慰を行う際は、普段から時間を掛けて行う事を意識しましょう。そして、頻度を多くすると、徐々に陰茎が刺激に慣れる事で早漏を防止できます。

性行為の前に射精

性行為の前に一度、射精しておく事も早漏の対策の方法です。いったん、射精をする事で脳の異常な興奮を抑えてくれ射精までの時間が長くなります。とても原始的なやり方ですが、早漏を防止できます。

性行為の前に射精

外用薬を使う

リドカインを使用する事で早漏の防止には効果があります。陰茎の感度を下げ射精までの時間を長くさせます。またコンドームを二重にするなどやり方は他にもあります。こちらも二重にする事で陰茎の感度を下げるという方法です。早漏防止用のコンドームも通販で購入する事ができます。

こういった事を事前にやっておく事で十分に早漏の対策になるので実践してみましょう。

早漏とED

早漏とED

EDの症状の1つ、勃起の持続時間の短さにより、気持ち的に焦ってしまい、早漏になってしまったという例も多くあるように早漏とEDとても密接に関係しています。身体的な面だけでなく精神的な所までも併発する可能性が極めて高いのです。実際にED患者さんの1/3が早漏も発症しているというデータがあります。国内にEDを疾患している男性は推測でも1800万人はいると言われていて、600万人近くは早漏症も患っているという計算になります。とても多くの男性が早漏に悩み苦しんでいるのが今の現状です。

早漏とED

早漏は自身で射精を制御できずに意図しない所で絶頂を迎えてしまう事により起こります。射精を自分でコントロールできれば早漏を克服する事ができます。それは早漏トレーニングであったり、日々の生活を見直したり、色々とやり方はあります。もし、精神的な面が早漏の原因ではないのか?と感じたら、医療機関でカウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。しかし、病院、クリニックは費用がとても高額になるので、その辺は考慮しておきましょう。少しでも費用を抑えたい人は通販でスーパーカマグラ、リドカインなどの治療薬を購入した方がいいでしょう。

治療薬を持ってるだけで、安心感が生まれ、心因性の早漏にも効果的です。他にも早漏に効果のある薬、ジェネリックも豊富にあります。そして24時間、いつでもアクセスできて注文できます。また通販には口コミ、体験談も多数あるので、それらを参考にして治療薬を見つけましょう。

スーパーカマグラを購入する

リドカインを購入する